ハンニバル シーズン1-8話ネタバレ『フロマージュ』

自宅で犬達に囲まれながらボートのエンジンをいじっているウィル。その耳に何か動物のような鳴き声が聞こえ外に出てみるが何もいない…。

 

別の日、その声は煙突の中から聞こえてきた。ウィルは壁に穴を開けて確かめてみるが…?

 

レクター博士の所に足繁く通うフランクリン。

 

レクター博士と友人になりたい…それ以上の好意も持っているのだが博士はあくまで『君は患者で私は医者だ。

 

友人にはなれない』と言う。気落ちするフランクリンだが話題を友人トバイアスの事に変えて博士に相談する。フランクリンはトバイアスが『サイコパス』ではないかと考えていた。

 

新たな事件が起こる…

 

―ボルティモア管弦楽団に所属するダグラスが楽器…

 

チェロに見立てられ喉を切り開かれ口にはチェロのヘッドが刺された状態で見つかった。

 

8話キーアイテムと人物

今回のタイトルは『フロマージュ』でした。

 

フロマージュとはフランス語で『チーズ』を意味します。

 

日本ではフロマージュというとチーズケーキを指している事が多いですが実は誤用です。

 

キーアイテム
ガット弦

 

バイオリンやチェロの弦に用いられる羊の腸から作った弦。トバイアスは人間の腸で弦を作っていた。

 

 

キーパーソン
フランクリン

 

レクター博士の患者で友人のトバイアスや博士など『特異』な存在に惹かれる質の男性。同性愛者でもある。

 

キーパーソン
トバイアス

 

フランクリンの友人で弦楽器店を営んでいる。

 

『サイコパス』では?とフランクリンは疑っている。

 

ハンニバル シーズン1-8話レビュー

今回もウィルの病状が悪化しています。
夢遊病に続き幻聴まで聞こえます。

 

その幻聴により自分の家の暖炉を破壊しているのを見てアラーナはビックリしていましたが流石、精神科医です。
冷静に分析していました。

 

 

そしてもう一つビックリな事が…!

 

今まで全然進展しなかったアラーナとウィルの関係が進展!

 

まあ一線は全く越えませんでしたが(笑)

 

その進展をレクター博士に報告に行っちゃうウィルが、これまた可愛いw

 

それを生暖かい目で見ている博士はお父さんのようでしたw

 

こんなウキウキ状態のウィルの前に新たな事件が!

 

今回も色々な意味で芸術的な殺人です。

 

被害者はボルティモア管弦楽団のダグラスでトロンボーン奏者。彼は喉の筋肉を弦のように剥き出しにされ口にはチェロのヘッドを突き刺され椅子に座らされた状態で発見されます。

 

コンサートホールでダグラスの遺体を前に『共感』に入るウィル。その中でダグラスを弾くと音が奏でられてましたが実際音が出るのか…?と、そんな疑問が浮かんでしまいます。…出ないとは思いますが(笑)

 

この犯行はフランクリンの友人トバイアスの仕業。フランクリンからトバイアスが犯行に関わっているのでは?と相談をされていたレクター博士は、その事をウィルに教えます。

 

ウィルが情報を元にトバイアスの店を訪ねるとウィル達を襲って逃亡するトバイアスFBI捜査官を襲うなんて…捕まる気満々ですね(笑)彼の向かった先はレクター博士の所です。

 

そこで色々あった末にトバイアスはレクター博士を殺そうと襲いかかります。

 

ま、まさかの格闘戦!普段、物静かで紳士で優雅な振る舞いの博士がトバイアスと殴り合いのケンカ…いえ、殺し合いです。

 

もうこんなに動いている博士を見れるだけでレア(笑)

 

最終的にはトバイアスの腕をボッキリ折ってから牡鹿のブロンズ像で一撃を加えて決着をつけます…。

 

ここで牡鹿像を使うあたり細かい演出が感じられます。

 

襲われた博士の所にジャック達が検証にきますが『正当防衛』として処理されました。

 

襲われた博士を心配しているウィルがホっとしていて可愛かったです。8話まできて段々と『医者と患者』ではなく『友人』としてレクター博士を意識してきたウィルでした。

 

ハンニバル全話ネタバレ

ハンニバルネタバレ
ハンニバル
1-2話ネタバレ
ハンニバル
1-3話ネタバレ
ハンニバル
1-4話ネタバレ
ハンニバル
1-5話ネタバレ
ハンニバル
1-6話ネタバレ
ハンニバル
1-7話ネタバレ
ハンニバル
1-8話ネタバレ
ハンニバル
1-9話ネタバレ
ハンニバル
1-10話ネタバレ
ハンニバル
1-11話ネタバレ
ハンニバル
1-12話ネタバレ
ハンニバル
1-13話ネタバレ

※2018/05/09更新※