再会

片目の男に刺された傷が原因でマイケルは意識が朦朧として弱っていた。

 

ファイ―シャからギリシャのクレタ島行きの船があると言われ、それに乗り込むマイケル達。そしてファイーシャが気に入ったというジャが残ると言いだし脱出の船出はマイケル、リンカーン、ウィップの3人になった…。

 

その中でリンカーンはサラに電話をする。テロリストとして手配されているマイケルは病院に連れていけない為、医者であるサラに治療を頼むのだった。サラはジェイコブの反対を押し切ってクレタ島に向かう。

 

船は無事にクレタ島に到着。そこでサラとマイケルは再会を果たす。サラの的確な治療によりマイケルは意識を取り戻した。

 

再会を喜びあう二人。息子の写真を見せてくれとサラに頼むと、そこにはとんでもない事実が潜んでいた。驚愕するマイケルは真実をサラに語り出す。

 

同じ頃、殺し屋の二人が国務省のキシダとシラキュース飛行場で「21ボイド」の事について言及するが殺されてしまう。

 

そこへポセイドンが現れるが果たして正体は―――?

 

レビュー

死にかけるマイケル。意識は朦朧として、かなり危ない状態。

 

しかしテロリストとして手配されている為にギリシャに到着しても病院には行けない。悩むリンカーンは医者であるサラに連絡を取りマイケルの治療を頼む訳ですが!とうとう現地に赴く決意をするサラ。

 

でもお願いだからマイクも連れて行ってー!絶対置いていったら危ないから!と思って観ていましたがサラはジェイコブの反対を押し切って単身ギリシャのクレタ島に向かいます。

 

そして後半、私のこの悪い予感は当たるのでした…

 

クレタ島に無事到着したマイケル達は船主の家に匿ってもらいサラを待ちます。

 

その間にウィップが一生懸命マイケルを励ましたり世話を焼きます。

 

その一生懸命さが可愛いのとマイケルとの絆の深さを感じました。

 

そんな中、サラが到着。流石、お医者様のサラです。すくない器具でも的確に治療を施します。治療のかいあって意識を取り戻すマイケルはサラとの再会を喜びます。

 

そして息子の写真を見せてくれとサラにお願いします。写真をスマホで確認して喜びますが、スライドした次の写真を見てマイケルが驚愕の発言!「彼がポセイドンだ…」それはサラとジェイコブの2ショット写真。やっぱりコイツがポセイドンだったのか!と、ここで私も驚かされました。本当に、この脚本は予想を上回る展開を見せます。

 

とうとう本性を現したポセイドンことジェイコブ。治療を終え、ジェイコブの正体を知ったサラを抵抗出来ないようにマイクを人質にしてしまいます。ああ…お願いですから子供には何もしないで頂きたいと願います。

 

そして治療を終えたマイケル達は懐かしい顔のスクレに連絡を取り、彼の働く貨物船で密航しアメリカに向かいます。

 

その船にマイケルの手配書が届き、船長がアメリカ軍に通報!アメリカ軍がマイケルを捕えようと乗り込んできますがスクレの機転で軍から逃れます。流石皆、修羅場を潜ってきた猛者です(笑)

 

しかし、この機転のせいでアメリカ軍は船にミサイルを撃ち込みます!海に間一髪飛び込んだマイケル達ですが、船もなくなって後2回で、どう収集をつけるのか?

 

最後まで展開が読めませんが全員無事にアメリカに着いてほしいです。

 

※2018/05/09更新※

プリズンブレイクシーズン5-1話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-2話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-3話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-4話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-5話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-6話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-7話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-8話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-9話レビュー