マイクと親子の対面を果たしたマイケル。この6分前、ジェイコブはサラを地下室の椅子に縛って監禁していた。

 

ジェイコブはサラを独占していたマイケルに嫉妬していた事を告げる。サラを自分の物にしようとマイケルにCIA副長官殺しの罪を着せて陥れたのでした。

 

そこにサラの見張りとして現れた殺し屋の男に副長官殺しの真実を訴えるサラ。それを聞いた男はジェイコブへの不信感を顕わにします。ジェイコブはサラを殴り口にテープを貼り家を後にしたのでした。

 

6分後、マイクとマイケルはサラに扮していた殺し屋の女に銃を突き付けられ絶体絶命…!と思われた所に地下室から殺し屋の男が女の前に現れます。

 

副長官殺しの真実を告げ21ボイドを抜けようと再び提案しますが女は「抜けられない」と男を撃ってしまいます。その隙にマイケル達は他の部屋に逃げマイクを外のリンカーンの元に向かわせます。しかし女が鍵を破壊して部屋に押し入ってきて――?

 

無事に外に逃げ出したマイクの前にはリンカーンではなくジェイコブが現れます。ジェイコブはマイクを自分の事務所に連れ去ってしまいます。その時リンカーンはルカに撃たれて車内で倒れていたのだった。

 

レビュー

ここまで張られていた伏線が一つ一つ解決されてきました。マイクと親子の対面を果たしたマイケルはちょっとウルウルしていました。

 

こんなに苦労して7年越しの対面ですからね!しかし、この後連れ去られたマイクはジェイコブに色々と吹きこまれます。その結果マイケルに「もうパパ(ジェイコブ)に近づくな!」と言います。ショックを隠し切れないマイケル。

 

そして、ここからのマイケルがまた凄いのです!リンカーンを入院させた後は各々へ指示を出します。ティーバック親子にはミシガン湖で発見した血入りの瓶を届けさせます。

 

これを持ってマイケルはジェイコブの大学の部屋へ向かいます。ここで!例のタトゥが一体何だったのか分かります。マイケルが両手の甲を合わせると、そこにはジェイコブの顔が浮かび上がります。

 

それにより部屋に入る為の顔認証を解除!…実際にそんな事が出来るのかは置いておいて、こういう事を想定していたマイケルはやっぱり凄いです。そして最後の対決の場に指定した倉庫に全員で向かいます。

 

1人でジェイコブを待つマイケル。大学の部屋で手に入れた機密情報が詰まったハードディスクとマイクを交換する様に現れたジェイコブに要求します。先にディスクを渡す様に言うジェイコブにマイケルは銃を向けます。

 

そこへ殺し屋の女が銃を持って物陰から現れます。そこへ更に銃を持ったウィップが…凄い緊張感のはずなのに某コントにしか見えない状況です(笑)隙をつかれて女に手を撃たれてしまうウィップは女を倒そうとしますがジェイコブに撃たれて絶命。外にはジェイコブが匿名で通報したFBIの迫る音が聞こえます。その音を聞いたティーバックは女の首をへし折りFBIに捕らえられます。同じ頃サラはジェイコブの事務所からマイクをリンカーンと共に救い出していて安全確保!子供が無事でホっとしました。

 

マイケルとジェイコブの最終対決はやはり頭脳戦かと思いきや殴り合いでした。そしてやって来たFBIに「オウティス」として逮捕されてしまうマイケル…。

 

しかし、ここからジェイコブを罠に嵌めたマイケル。その罠により副長官殺害の犯人として逮捕されるジェイコブだった。まさかの最後の切り札があるとは予想もつきませんでした。最後の最後でピタリとピースが嵌りマイケル一家には平和が戻り最後は公園で一家団欒していました。

 

一方逮捕されたジェイコブ。収監されたのは例のフォックスリバー刑務所。同室は何とティーバック!息子を殺されたティーバックはニヤリとジェイコブを見て笑います…今まで色々と思い通りにしてきたジェイコブの地獄はここからの様です…。

 

※2017/11/01更新※

プリズンブレイクシーズン5-1話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-2話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-3話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-4話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-5話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-6話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-7話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-8話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-9話レビュー