囚人のジレンマ

 

リンカーンに助けられたシバは無事に病院に収容されたがパスポートを用意出来なかったと悔やむのですがリンカーンは気にするなと慰めます。

 

そこへシバの父親が現れて娘を助けてくれたお礼にマイケルを刑務所から出せる方法を官僚だった立場を利用して試してくれると話します。

 

その頃、脱獄に失敗したマイケル達4人は独房に閉じ込められていました。

 

独房にはマイケルが以前閉じ込められた時に脱出に必要な「物」を壁の中に隠してあったのだがウィップとジャの房には無く、その必要な「物」はラマールの房にあり、ラマールにそれを出す様にマイケルは説得するがラマールは聞き入れず自分だけ脱出しようとしますが…?

 

サラとティーバックはマイケルを狙う人物「ポセイドン」を探すべく行動を開始します。

 

ティーバックはそれを知るであろう人物ケラーマンを狙い自宅に侵入し彼を脅して「ポセイドン」について聞き出します。

 

ポセイドンとは国務省も追っている人物で政府外交に不満を持つ人物…という事だった。

 

情報を聞き出した所にサラを付け狙う殺し屋の男女がケラーマンの家へ現れるのだった。

 

レビュー

シバが無事に助け出されて一安心しました。弱っている彼女とリンカーンがちょっとイイ感じなのも見逃せません(笑)

 

娘を助けてくれたお礼にとシバのお父さんは元・官僚という立場を利用して友人の判事に掛け合ってマイケルの「完全放免」の書類を手に入れてくれましたが刑務所は最早そんな書類が役に立たない状態になっているのです。

 

過激派組織がラマールを取り戻そうとして刑務所近くまで侵攻してくると自分達が殺されるのを恐れた刑務官達は囚人を見捨てて逃げ出してしまうのです…いいのか!?

 

確か日本では非常時(自然災害時等)は囚人を逃がしても良いはず…

 

ここまで命に関わる事態なら囚人を解放してあげても良いような気がしますがオギュギア刑務所の刑務官は鍵を掛けて「過激派の餌食になれ!」と捨てセリフを吐いて逃げて行きました。職務放棄にしても酷いもんです。

 

こんな状態の刑務所の独房に放置されたマイケル達は独房から抜け出す為の道具を、それぞれの独房で探しますが、その道具は最悪な事にラマールの房にあるのです。

 

それを知ったラマールは自分だけ助かろうとしますが結局無理でマイケル達と協力して脱出します。

 

脱出方法がまた良く考えてあるな〜と感心させられます。マイケルは全ての状況を無駄にしないで過ごしています。

 

暴徒と化した囚人達をかわして、ようやく刑務所から脱出しますがリンカーンとはすれ違いになってしまいます。

 

兄さんも刑務官が掛けていってしまった鍵を手に入れてきたのですがタイミングが悪かった…

 

しかし、この後過激派に捕らえられたマイケル達を絶妙なタイミングで助けにくる兄さんはカッコよかったです。

 

そして再会した二人のハグ…ここまで眉間に皺が寄りっぱなしだった二人の皺がなくなり緩んで安心した表情が可愛いのです。

 

そして一番今回の脱獄の真相に近づいたのは、この男ティーバックです!ケラーマンを脅して今回の黒幕「ポセイドン」なる人物の詳細を聞き出していきます。

 

そこへポセイドンの手先の殺し屋二人が現れケラーマンは殺害されティーバックも肩を撃たれながらも二人を追跡、そしてポセイドンらしき人物と接触する現場を押さえます。

 

その人物がまさかの…サラの再婚相手ジェイコブだった!

 

ここにきてストーリーが一気に動き出しました。

 

果たして、どうまとめていくのか楽しみになってきました。

 

※2017/11/01更新※

プリズンブレイクシーズン5-1話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-2話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-3話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-4話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-5話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-6話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-7話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-8話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-9話レビュー