迷走

 

リンカーンとも合流し何とか刑務所から脱出したものの過激派組織リーダーラマールを殺害した事がニュースで流れ過激派から報復宣言をされてしまう。

 

更に過激派達はマイケル達を追い詰める為に1000万リアルという賞金を懸けられる。

 

これによりイエメンの街中が敵になってしまったマイケル達は北を目指して逃亡を始めるのだった。

 

そんな中、マイケルは今までの7年間の事を語り出し段々と真相が見えてくるのでした。

 

マイケル達を空港で待つシーノートとサラ。国外脱出を図る人々で混乱している空港に、とうとう過激派達が攻めてきてしまい逃げ惑う人々。

 

これにより滑走路を封鎖されてしまい飛行機は飛べなくなってしまう。マイケル達を待つ時間も限られている中で二人の決断は―?

 

ニューヨークではサラがティーバックから夫ジェイコブが殺し屋二人と密会している写真を見せられて「息子が危ない!」と両親の元に向かいます。

 

そこへジェイコブが現れ、あの写真は誤解だと言い訳をしますがサラは信じずマイクと共に別荘を去り友人ヘザーの所へ向かいます。

 

レビュー

前回、ウィップがラマールを殺してしまったので過激派組織から、すっかり狙われる羽目に(笑)

 

更には賞金1000万リアルまで掛けられて、賞金目当てに組織の人間だけでなく街中の人々からも狙われる始末!

 

組織の追っ手から逃れる為に無人の建物に逃げ込み人心地ついた所でマイケルはリンカーンに問い詰められ今までの経緯を話します。

 

サラと結婚する数週間前にポセイドンから電話がありケラーマンには免責の権限はなく家族全員無事に暮らしたいなら従う様に言われますがマイケルは断ります。

 

それによりサラは刑務所送りになった…と、ここで「シーズン4ファイナルブレイク」の種明かしがされます。

 

そういう事だったのか!と納得。

 

そして家族を守る為にサラを逃がした後は死を偽装し身分を偽りマイケルはポセイドンに命令されるままに刑務所に入れられている各国のスパイやテロリストを逃がす為に動いていたというのです。

 

段々と全容が見えてきましたが、ここでまだ疑惑なのがジェイコブの正体です。

 

黒幕のポセイドンかと思いきや警察と協力して殺し屋の男女をとッ構えてきたのです。

 

殺し屋と会っていたのは捕まえる為の前段階だったんだよ!

 

僕はポセイドンではないとサラを安心させようとしますが、どうもサラはまだ信用しきっていないようでした。

 

しかし、殺し屋の男女は警察に捕まったので一応の危機は去りましたが彼女の中に沸いた疑惑は、どの様な方向に向かって動き出すのかが気になります。

 

そして夫ジェイコブの正体はは果たして―?

 

今回で国外に逃げれるかな〜と思っていたら、空港で古い型の飛行機を確保して待っていたシーノート達の所に過激派が来てしまい苦渋の決断を強いられるシーノート…飛行機はマイケル達の目の前で飛び立ってしまいます。

 

その時のシーノートがもう辛そうで辛そうで…「本当にすまない…」と苦しそうに言うのを聞いて泣けてきました。

 

でも、この苦渋の決断によりシバの家族は助かったのですがマイケル達は、パスポートも現地の協力者もなく果たして一体どうなるのか?

 

息つく暇もない展開ですが無事逃げ切ってほしいです。

 

※2017/11/01更新※

プリズンブレイクシーズン5-1話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-2話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-3話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-4話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-5話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-6話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-7話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-8話レビュー
プリズンブレイクシーズン5-9話レビュー