隔離された街で

軍隊が投入され街の暴徒やウォーカー達は鎮圧されたかに見えた。軍の話では12の安全区域がありトラヴィス達の家がある場所も、その中の1つだと説明される。

 

しかし街はフェンスで隔離され外への出入りは禁止されてしまいました。フェンスの中のウォーカーは完全に居なくなっていました。その為、楽観視しているトラヴィスは日常を楽しんでいるが反対にマディソンは、この状態に苛立ちを隠せないでいました。

 

母ライザと共にマディソンの家に避難してきたクリスは屋根に登り現状を記録するべく街の様子を動画に収めていた。そこで見つけたのがフェンスの外の家から太陽光を反射させている「誰か」がいる事でした。

 

それをトラヴィスに話しますがトラヴィスは相手にしません。クリスはこの事を更にマディソンにも話します。マディソンは、その話を信じて自分でもライトで合図を送ってみる。そして彼女は、後日その家に向かおうとする。

 

軍が介入した事により政府から派遣されてきた医師エクスナーが現れます。彼女はこのウォーカー騒ぎで怪我を負った重傷者や精神的に病んでしまっている者を選定している様子。果たしてその意図は――?

 

レビュー

軍隊が投入されて街の騒ぎは沈静化されましたがフェンスで囲まれ住人達は軍の監視下に置かれてしまいます。

 

しかしウォーカー達は一掃されてフェンスの中は安全が保たれています。

 

その中で呑気に朝からジョギングしているトラヴィス。最初の必死さは何処に行ったのか?というくらい楽観的な感じになっています。

 

しかもトラヴィスのせいでマディソンの家には3家同居中という、とんでもない状態なのに何をしているんでしょうか?しかも片方は元妻ライザでマディソンは心中穏やかではない現状。

 

そんな状態の家の中、更に軍からの情報も少なく物資もない状態にマディソンはイライラ。私もトラヴィスにイライラしました(笑)

 

更に薬物中毒から「立ち直った」と言っていたニックはお隣に忍び込んでまでモルヒネを点滴で注入していたのです。イライラの爆発したマディソンはニックを引っ叩きます。自分が悪いのにいじけている上に、アリシアに慰めてもらっているニックに観ているこちらもイラっとしました。家族を守りたいマディソンに対して、とにかく男性陣が情けないのです。

 

そんな中一人だけ冷静なのはダニエルでした。クリスの話が気にかかるマディソンはフェンスの外に行って帰ってきました。そこで見た軍の恐ろしい行動をダニエルに話します。それを聞いたダニエルは自分の身の上話をして「人を信じ過ぎるな」とマディソンに忠告します。

 

しかし、そんなダニエルもグリゼルダの治療の為に軍の施設に行くと伝えてきます。もしもの時は娘オフィリアを頼むと言って…。ですが、その夜軍の施設に連れて行かれたのは重傷のグリゼルダと薬物中毒とエクスナーの往診の時に判断されたニックでした。往診の時に重傷者や何か精神的に問題が起きてしまった者をチェックしていた様です。

 

軍の施設に「治療」と言って連れて行っていますがフェンスの外ではウォーカー以外も殺していた軍が「治療」してくれるのか…。予想ですが物資の足りない状態の打開を図る為に政府が弱者を排除しようとしているのではないかと考えてしまいました…。これはまだ予想ですが、こうした事態では一番恐ろしいのは人間だな〜と思わされる回でした。

 

残り2回で、どういった結末に向かうのか?残された家族達はどうするのか?そして世界はどの様に崩壊していくのか?気になります。

 

※2017/11/01更新※

フィアーザウォーキングデッド

フィアーザウォーキングデッド
1-1話ネタバレ
フィアーザウォーキングデッド
1-2話ネタバレ
フィアーザウォーキングデッド
1-3話ネタバレ
フィアーザウォーキングデッド
1-4話ネタバレ
フィアーザウォーキングデッド
1-5話ネタバレ
フィアーザウォーキングデッド
1-6話ネタバレ