グリム シーズン1-10話ネタバレ

森の中を逃げる2人の少年―ケヴィンとスティーヴン。

 

怪我をしているためか思うように走れない少年達。

 

追ってきている何者かに捕らわれる寸前、スティーヴンは川に転落。ケヴィンは捕らえられてしまう…。

 

捕らえられたケヴィンは追っ手の男2人に取り押さえられ再び森の奥に連れ戻される。

 

後日スティーヴンは川下で無残な状態の遺体となって発見される―。

 

遺体が発見される少し前、ニックはモンロー宅でラテを飲みながら相談をしていた。

 

最近、自宅の周りをうろつく不審者や以前の事件でジュリエットを危険にさらしたため自分の正体を明かそうと考えている事を打ち明ける。

 

モンローは『普通の人間』には理解できないと難色を示す。そこへ署からニックに連絡が入る。川で目玉が食べられ全身打撲だらけ…そして首にはまるで『吸血鬼』に咬まれたような跡がある遺体が見つかったと―。

 

10話キーアイテムと人物

今回の一文は『パンくずをたどれば―うちに帰れるはずだ』でした。これはもう皆さんご存知の童話『ヘンゼルとグレーテル』ですね。

 

今回は童話とリンクする部分がかなり多いです。

 

貝のネックレス。今回のキーアイテム。

 

ハンソンとグレイシー兄妹。貝のネックレスを売って暮らしているホームレスの10代の若者。親に捨てられた。

 

レビュー

前回、私も書きましたが猟奇殺人が起こり過ぎだと―。

 

今回になって、ようやっとハンクが『この街はどうかしてきてる…』と私と同じ様な事を言い出しました(笑)

 

そして今回の事件も猟奇的です。

 

でもグリムの良い所は、こうした猟奇的な表現がグログロしくない所です。

 

スティーヴンの遺体の首筋には2つの吸血鬼に咬まれた様な跡が…!

 

今回はブルットバッドの狼男に続いて有名所の『吸血鬼』型の魔物か―!?と期待しましたら…全然違いました。

 

ガイアーという種族で見た目は日本の妖怪・カラス天狗のようです。ニックが本で調べたところ、最も醜悪な魔物だと書かれていました。こいつらは人間を生きたまま殺して内臓を取り出すのだとか…怖いわ〜また猟奇的だわ〜。

 

しかも内臓は乾燥させて挽いて粉にします。それを魔物専用の薬屋に配達して取引して、まるで漢方薬の様にして売っているのです!

 

森の中にある施設で、身寄りのないホームレスの少年少女を手術しているのを見てゾッとしました。これはグリムも醜悪と書く訳です。

 

そんなグリムの末裔ニックですが、今回のモンローに対する無茶ブリがまた酷い事と言ったら…(笑)

 

ジュリエットを危険に晒す事が重なった為に自分の正体を話したいとモンローに相談するのは良いでしょう。

 

しかし信じてもらえないからジュリエットの前で『少しだけ変化して正体見せてくれ』とおっしゃる。

 

…無茶言うな!とツッコミ入れましたよ(笑)

 

人間に溶け込んで生きているのに正体を明かせばモンローの身が危険だと言うのに…!

 

結局、この話はニックに電話がかかってきて流れましたけど、ちょっとニック酷いよと思いました。

 

こんな無茶ブリされてもニックのお手伝いしちゃうモンローは本当にお人好しです(笑)

 

お人好しなのもありますが、お互いをちゃんと友人と認めあってきたのだな〜と感じました。

 

そして事件が無事に解決したのですがレナード警部に怪しい動きが…何者か分かりませんがグリムを排除するか制せよと電話がかかってきます。

 

このレナード警部も果たして何者なのか気になります。

 

次回からもう少し大きな動きがありそうです。

 

※2017/10/20更新※

グリム全話レビュー

グリム
1-1話ネタバレ
グリム
1-2話ネタバレ
グリム
1-3話ネタバレ
グリム
1-4話ネタバレ
グリム
1-5話ネタバレ
グリム
1-6話ネタバレ
グリム
1-7話ネタバレ
グリム
1-8話ネタバレ
グリム
1-9話ネタバレ
グリム
1-10話ネタバレ
グリム
1-11話ネタバレ
グリム
1-12話ネタバレ
グリム
1-13話ネタバレ
グリム
1-14話ネタバレ
グリム
1-15話ネタバレ